バネ指の改善例

バネ指の改善礼

バネ指とは? 指は腱によって曲げ伸ばしをすることができます。手を握ったりする強い力を発揮する筋肉は前腕にありその力を腱が伝えます。その通り道で指を曲げる屈筋腱が浮き上がらないように押さえているのが靱帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)と呼ばれるものです。丁度、その構造はベルトとベルト通しの関係に似ています。 刀の鞘(さや)のようなことです。 この靱帯性腱鞘は指の部分にありますが、それが終わる指の付け根付近に力がかかり炎症を生じやすいところがあります。 その部分の腱や腱鞘が炎症を起こし、“腱鞘炎”になり、さらに進行すると引っ掛かりが生じばね現象が起こります。 これを“ばね指”と呼んでいます。

症状は? 指の付け根で屈筋腱と靱帯性腱鞘の間で炎症が起こると、“腱鞘炎”になり腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。 朝方に症状が強く、日中は使っていると症状が軽減することも少なくありません。 進行するとばね現象が生じて“ばね指”となり、さらに悪化すると指が動かない状態になります。

詳しくは、 (公益社団法人 日本整形外科学会)HPで確認してください。 https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/snapping_finger.html

では、遠隔鍼治療ではどういった感じで結果がでたか? まず、どこの腱鞘で動きが悪くなっているか?炎症が起こっているかを確認します。 それが、経絡の何経の部分に症状が出ているのか? (親指?人差し指?中指?薬指?小指?)

それが分かったら施術を行っていきます。