施術メニュー

​症状

頭痛

首痛

背部

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram

生理痛の下腹部痛の症例


50代女性、生理中の下腹部痛が気になり来院。もう整理が止まると思うけど、まだ止まらず、今日は一日下腹部が重い感じがする。

来院されたときは、足取り重く表情がさえない。一日中おなかが痛んだということ。

どこが痛むか確認し、お臍から下の下腹部を手で押さえて確認。

治療は、当院は下腹部に問題があっても患部を施術することはなく全く違う場所に鍼施術を行うので服を脱いでもらうこともありません。

両手に鍼を2本ずつ刺し、しばらくそのままに置鍼。

途中、深呼吸を何度か行ってもらい痛みを確認していく。

10分~15分位したころだろうか、「痛みが無くなった。」と言って声のトーンが明らかに違う。

そのまま30分くらい置鍼し、鍼を抜き痛みの確認。

痛みは消失しているということで終了。

帰りは足取りも軽やかに帰られました。


鍼治療は、鍼を刺すときに正直チクッとして痛みます。

しかし、本来治したい症状は取れるので我慢してもらうしかないです。

それも我慢できないと、鍼治療は難しいですね。

それでも早く良くなりたい方はご連絡ください。

0回の閲覧