施術メニュー

​症状

頭痛

首痛

背部

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram

坐骨神経痛とは? 坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれなどの症状のことを指します。

バネ指の改善礼

バネ指とは?
指は腱によって曲げ伸ばしをすることができます。手を握ったりする強い力を発揮する筋肉は前腕にありその力を腱が伝えます。その通り道で指を曲げる屈筋腱が浮き上がらないように押さえているのが靱帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)と呼ばれるものです。丁度、その構造はベルトとベルト通しの関係に似ています。
刀の鞘(さや)のようなことです。
この靱帯性腱鞘は指の部分にありますが、それが終わる指の付け根付近に力がかかり炎症を生じやすいところがあります。 その部分の腱や腱鞘が炎症を起こし、“腱鞘炎”になり、さらに進行すると引...

リンパ節(リンパ腺)は、皮膚の上から触ると識別できます。大きさは小豆大からそら豆大まで様々で、全身に800個くらい存在しています。

リンパ管は静脈と並走しています。その中をリンパ液が流れています。リンパ液には、浅リンパ管(皮膚や皮下の浅いところを走る)と、深リンパ管(深部を走る)があります。

血圧とは、血流が血管の壁に加える圧力のことです。心臓が収縮して血液を送り出すと、血管壁には最も高い圧力がかかります。 この時を収縮期(最高)血圧といいます。心臓が拡張したときは、血流が緩やかになり、血管壁にかかる圧力は最も低くなります。 この時を拡張期(最低)血圧といいます。

Please reload

特集記事

偏頭痛

May 28, 2019

1/10
Please reload

最新記事

May 28, 2019

May 16, 2019

April 6, 2019

January 20, 2019

January 18, 2019

Please reload